自然災害時の対応規定

自然災害時等における生徒の対応規程(令和3年6月4日改訂)

 

1 登校前において、今治市もしくは居住地に松山地方気象台による「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」(以下

 「1の警報」という。)のいずれかの警報が発表されている場合は、生徒は登校準備をして、「自宅待機」とする。

(1)「特別警報」のうち、「高潮特別警報」「波浪特別警報」については、関係生徒のみとする。

(2)「大雨警報」は、「土砂災害警戒情報(警戒レベル4相当)」が同時に発表された場合「1の警報」と同じく

  行動する。

2 自宅から学校までの通学路において、自治体から避難情報(「避難指示」)が発令されている場合は「自宅待機」

 とし、避難情報の発令内容に従い行動する。

3 「1の警報」及び避難情報が正午までに解除された場合は、授業の準備をし、安全に十分配慮して登校する。   

4 「1の警報」及び避難情報が、正午までに解除されない場合は、自宅で学習する。

5 上記にかかわらず、災害や事故が発生するおそれがある場合は、各自が状況を的確に判断し、登校可能な状態で

 あれば、安全に十分配慮して登校する。

6 JR及びバス等公共の交通機関を利用している生徒は、午前11時までに公共交通機関が利用できない場合は、自宅

 で学習する。

7 今治市もしくは居住地に地震・津波等の大災害が起こっている場合や、大災害直後等に風水害による二次災害の

 おそれがある場合は、生徒及び家族の安全の確保を最優先とし、自宅等で待機または避難するなど、直ちに命を守る

 行動を取ること。

8 登校は上記により判断し、原則として学校への電話による問合せはしないこと。

  気象台等の関連Webサイトや学校が発信する情報で確認すること。

                                この規程は、令和2年10月1日から施行する。

                                       令和3年6月4日に改定する。

参考webサイト 松山地方気象台はこちら

        えひめの防災・危機管理はこちら