カレンダー
ブログ
12:43
パブリック
2年生の現代文では、夏目漱石の『こころ』の授業が始まりました。                       まずは、CDの朗読を聴きながら、登場人物の心情に思いを馳せました。 もちろん、難読語の読み方や気になった箇所など、しっかりチェックもしていきます。             人の「こころ」描いた近代文学の名作を読み味わいながら、 自分たちの「こころ」にも向き合っていきたいと思います。
第8回今治北高等学校リーダー養成短期海外研修 第5回事前研修会(令和2年1月17日(金)15:45~ 図書室) 今回は語学研修として,日常会話について実践を交えてジーク先生・松田先生に指導していただきました。 ホストファミリーに初めて会って,車で移動するという設定で実践練習しました。シートベルトを着けるところから始まり,詰まりながらも会話を楽しみました。本番までにはまだまだ練習を積む必要があることがよく分かりました。
ブログ
01/20
パブリック
今年度で最後となる大学入試センター試験が18日(土)19日(日)の2日間行われました。 本校から185名が受験しました。 愛媛大学城北キャンパスでは171名が受験し、担任の先生の激励を受け、各試験場へ向かっていきました。   来年度からは大学入学共通テストが始まります。    
昨日、今日とセンター試験が行われています。 受験生は、受験会場で担任の先生方から激励を受け試験教室に向かいました。 みんな、がんばれ~。  
本日7限目に、2年生商業科の生徒対象に、来月行うインターンシップの事前指導がありました。 まず、『しおり』を使いながらインターンシップの流れについて説明がありました。 全体指導の後、各事業所に分かれて役割分担を決めました。 また、放課後に実際に各事業所に電話をし、事前訪問のアポを取りました。 なお、インターンシップは2月4日(火)5日(水)6日(木)の3日間、今治市内の32事業所で行います。      
1月15日(水)7限目 1年生進路講演会 マイナビの嶋恒博詞様に1年生全員を対象に進路講演会をしていただきました。入試や就職面接などでもよく行われているグループディスカッションについて基本的なルールやコツを教えていただきました。その後,実際に4人一組になり「今治を活性化する方法」について意見を出し合い討論し,最後にその内容を発表しました。 全員が発表する時間はないので積極的に挙手してくれた4班に発表してもらいました。どの班もいいアイディアを出しておりまた,深く検討されたものも発表してくれました。みんな楽しそうに取り組め,短い時間ではありましたが大きな成長を感じました。この経験を今後に生かしてほしいと願っています。
 本日7限、大学入試センター試験直前指導があり、校長先生と3年学年主任からは激励の言葉が、進学課長からは諸注意がありました。受験生は、今週末の本番に向けて真剣な態度で話を聞くことができました。受験生の皆さん、頑張ってください!!    
ブログ
01/15
パブリック
 今日は茶道部の部活動の様子です。 外部講師の茶道の先生に指導していただきながら、二組に分かれてお稽古に励んでいました。 外は冷たい雨が降っていますが、お菓子や床の間のお花は少し春を感じさせてくれました。蝋梅の花のかすかな香りが漂っていました。
第8回今治北高等学校リーダー養成短期海外研修 第4回事前研修会(令和2年1月9日16:45~ 会議室) 今回は語学研修として,日本文化を英語で紹介し,ALTのジーク先生にご指導いただきました。 テーマは各自が考え準備してきました。 剣道,武士道,お寺と神社,和太鼓,茶道,けん玉,神輿,日本特有のことば等いろいろ考えてくれました。 表現方法や発音などジーク先生・松田先生に指導していただきました。  
政府拉致問題対策本部が主催した「北朝鮮人権侵害問題啓発週間作文コンクール2019」において、1年生の山口さんが優秀賞を受賞しました。山口さんは昨年11月末に新潟県の拉致現場視察に参加し、12月には東京都での表彰式に出席して、菅義偉拉致問題担当大臣から表彰状を授与されました。また12月27日付の毎日新聞全国版朝刊には、作品が掲載されました。『願うだけではなく行動へ』という山口さんの作品の題名通り、北高生一人一人が「拉致問題解決に向けて自分たちにできることは何か」を考える良いきっかけになりました。これからも、この問題について日頃から関心を持ち続けていきたいと思います。
ブログ
01/09
パブリック
2020年もつつがなくスタートし、3年生は追い込みの時期に入りました。 「センター試験」と呼ばれるのも最後の年。 残り9日必死で勉強する姿を応援します。 ガンバレ!がんばれ!頑張れ!  
本日から3学期が始まりました。始業式では、二宮校長先生から「交換留学生が無事留学を終えることができたのは、君たち生徒の皆さんとホストファミリーの方の支えがあったからです。不安も大きかったと思いますが、ターニングポイントを経て明るい笑顔で会話ができるようになりました。今では、いろいろな国に行きたい夢も持てるようになりました。3年生の皆さんはこれから受験期になりますが、心の中で誰かが支えてくれているので、試験は最後まで諦めてはいけません。健闘を祈ります。1・2年生は3学期は短い期間ですが、有意義な時間を過ごしましょう。」というお話があり、1年の幕を明けました。   表彰伝達がありました。 第36回愛媛県高等学校家庭科ホームプロジェクト作品審査 佳作 1年 山口平成30年度全国高等学校ハンドボール選抜大会愛媛県予選会 ベストセブン 2年 森令和元年度第43回全日本アンサンブルコンテスト愛媛県大会東予地区予選        フルート三重奏    銀賞        クラリネット五重奏  金賞        打楽器五重奏     金賞                       サクソフォン三重奏  金...